会長挨拶

岐阜県精神保健福祉士協会について

 岐阜県精神保健福祉協会は、今年で設立21周年を迎えます。昨年、20周年は、節目の年ではありましたが、全世界を新型コロナウィルスが席捲し、その余波を受けた当協会の総会も10月にずれ込むなど、協会員の皆様には多大なるご迷惑をおかけし、 今日に至っております。例年の活動ができない状況にまで追い込まれ、新たな苦難の年となりました。協会活動が滞っておりますこと、理事を代表して、お詫び申し上げます。
 今年度は、ポストコロナ(ウイズコロナ)を意識し、徐々に活動を活性化していきたいと考えています。
 私達のクライエントである精神障がいのある方々、ご家族の方々は、これまで疾病や障害、社会構造の中で、多くの苦難の歴史を歩み(時には時代に翻弄され)、今日に至っております。これは、歴史を見れば明らかですが、今も多くの方々が、 社会の制約や抑圧の中で、自身の希望する生活が実現せず、支えを必要としています。私達は、こうした現実を真摯に受け止め、彼らのために、知識・技術の研鑽に励むことはもちろんのこと、権利擁護への意識を高め、社会的責任を果たさなくてはなりません。
 私は、常々、「ぶれない視点」を意識しています。すなわち、軸足はクライエントであるご本人・ご家族に寄り添い、しかし、もう一方の足は、新たなことにも挑戦し、可能性を切り拓くイメージです。そして私達の活動は、共感者が増えるほど、相乗効果を得て、大きな成果や、可能性を切り開く推進力につながります。
 個人の活動のみならず、協会活動においても、こうした「ぶれない視点」を意識し、仲間と共感しあいながら、前進できることを目指していきたいと考えています。また活動で得た成果は、岐阜県全体の共有財産と考え、協会員のみならず、私達のクライエントへ還元できれば幸いです。
 末筆になりましたが、今後とも、皆様のお力添えをよろしくお願い申し上げます。

岐阜県精神保健福祉士協会 会長 浅野 雅彦


役員紹介

 岐阜県PSW協会は、会務の執行を理事会で行っています。 また理事会にて、入会希望者の審査及び承認を行っています。 役員の任期は2年で、選挙及び、選挙で選出された理事会にて選出しています。

令和2年度・令和3年度役員を紹介します。

 会 長  浅野 雅彦
 副会長  内木 克治
 事務局長  臼井 潤一郎
 理 事  只隈 康弘    堀場 宗
 太田 隆康    大栗 永瑞
 加藤 大輔    藤木 誠
 富田 貴士    松田 孝
 澤田 真名美   田立 龍之介
 監 事  坂上 尚志    丸山 直寬
 顧 問  田口 省司    加藤 利昭



岐阜県精神保健福祉士協会